あしたがだいすき
六満保育園

NEWS

 
 
 
 
 
 

緑と花にあふれた保育環境

市内中心部にありながら、満福寺山内を敷地とする六満保育園には緑がいっぱい。その緑被率は京都市内で随一。花々も1年を通して絶えることがありません。子どもたちの心に平穏をもたらすことはもちろん、送迎の保護者の方々からも「安らぐ」と評判です。
 
1948(昭和23)年 六満日曜学校を開設
1949(昭和24)年 六満学習塾を開設(1952年に閉塾)
1951(昭和26)年 六満診療所を開設(1967年に閉設)
1952(昭和27)年 宗教法人満福寺による「六満保育園」を開園(対象は乳児60名)
1955(昭和30)年 定員90名の乳幼児併設園とする(現在定員150名)
1972(昭和47)年 社会福祉法人六満学園を設立
1982(昭和57)年 夜間保育所「六満こどもの家」を開設(定員30名)
1995(平成 7)年 第一種児童館「洛中児童館」を開設
2000(平成12)年 満福寺「平成の大修復事業」着手
2002(平成14)年 保育園創立50周年(社会福祉法人設立30周年)
2005(平成17)年 満福寺「平成の大修復事業」落慶

PHOTO ALBUM

クッキング

菜園作り

段ボール列車

消防車見学

太鼓橋

虫探し

 
 
 
写真のお申し込みはこちら。

保育の信条

元気いっぱいたくましく

子どもたちが、これからの永い人生を“正しく・強く・逞しく”生きられるよう、私たちは保育の信条に「六度満行」を掲げています。

笑顔あふれて夢いっぱい

私たちが保育の信条とする「六度満行」は、三蔵法師が天竺から持ち帰った経典を由来とするものです。しかし、そこに込められた精神性は宗教の垣根を 越えた「人の在り方」そのものであり、子どもたちの人生をより良くするための指針に他ありません。躾(しつけ)という言葉が忘れられているような昨今、 「六度満行」を信条に育まれる子どもたちが、明日の社会を明るく照らしてくれることを、信じて止みません。

年間行事

4月 ●入園式 ●春の遠足(本山参拝)
5月 ●花まつり ●公開保育(母の日)
6月 ●公開保育(父の日)
7月 ●プールびらき ●七夕まつり ●びわこ水泳
8月 ●開園記念日(1日)  ●大文字送火・盆おどり大会 ●地蔵盆
9月 ●お泊まり保育(2泊3日)
10月 ●大運動会 ●秋の遠足
11月 ●西山まつり ●七五三祝会
12月 ●成道会 ●幼児サッカー大会●おもちつき ●除夜の鐘撞会
1月 ●おぞうに祝会 ●保護者初寄会 ●雪あそび
2月 ●節分会 ●絵画展 ●涅槃会 ●給食感謝会
3月 ●ひなまつり ●おゆうぎ会 ●おわかれ遠足  ●卒園式
●これらの他にも、毎月お誕生感謝会と母の会を行っています
●近隣の小中学生や高齢者との交流会もあります

夜間保育と児童館

夜間保育園

六満こどもの家

満福寺山内

夜間保育園では、保育標準時間を午前11時00分から午後10時00分までとして保育を実施しています。また、時間外保育を午前9時以前から実施しておりますが、保育料とは別に利用料が必要となります。ご相談はお気軽にご連絡ください。
 

保育の信条

六度満行

元気で なかよく やさしい 子どもへ

私たちが育てるこども像です。人を思いやる心を育みます。
六満保育園・六満こどもの家・洛中児童館ともに、お問い合わせ・連絡先は同じです。
075-841-1196

小学1年~6年生対象

洛中児童館

京都市中京区六角大宮町西入

北に二条城を望む三条商店街を擁し、南は四条大宮のターミナルに接する京友禅関係の伝統産業主流の町並で形成されており、その中心に所在する当児童館はお寺の境内に建ち、緑に囲まれて四季を通して各々の季節の花に出会える環境にめぐまれ、山門をくぐると周りの喧騒も忘れ、ゆったりした気分で放課後を過ごせる処です。

 

ACCESS

〒604-8336
京都市中京区六角通大宮西入る三條大宮町242番地(満福寺山内)
TEL 075-841-1196   FAX 075-841-1197
阪急大宮駅下車 徒歩7分

公開情報

現況報告及び決算書類についてはWAM NETをご覧ください。
WAMNET 社会福祉法人の現況報告書等法人詳細情報
財産目録.pdf
定款.pdf
役員報酬規程.pdf

CONTACT

 
六満保育園・六満こどもの家(夜間保育)・洛中児童館へのお問い合わせはこちらからも出来ます。